文化・芸術

2011年9月10日 (土)

ブッククラブのお知らせ30

ご無沙汰しております。

しばらく、イベントや諸事情が重なり、ブッククラブの開催を見送っております。

今後も開始の目処がつくまでは、休止させていただきます。

様々な書籍を通して、いろんな方々とお話をする機会を持てました事を、皆様に感謝いたします。

また、クラブの開催の有無を問わず、巷の本を手に取る事を止めずに行きたいと思います。

それでは、またお会いできる日まで。

アートロフト

2011年3月 3日 (木)

ブッククラブのお知らせ28

春一番が吹き、暖かくなったと思ったら、冬のような寒さに逆戻り....

風邪をひきそうで怖いですね、体調管理に気をつけたいものです。

さて、次のブッククラブですがTruegrid

「TRUE GRIT(トゥルーグリット)」 チャールズ・ポーティス

3月25日(金)19:30~ ArtLOFT

1969年には『勇気ある追跡』のタイトルで映画化され、主演のジョン・ウェインはこの作品で生涯唯一のアカデミー賞を獲得。今回、アカデミー賞監督コーエン兄弟の手により、豪華キャストで再映画化されました。アメリカでは、ベストセラーとなり、学校の教材として採用されるなど、長く愛される作品です。

今までなかなか忙しくて出席できなかったという方も、気軽にご参加くださいね。

参加希望の方は、3/23(水)までにメールでお知らせください。

それではお待ちしております!

2011年2月 3日 (木)

ブッククラブのお知らせ27

ご無沙汰しております。

寒い日が続いていましたが、そろそろ暖かくなり始める予感がしますね。

さて、次のブッククラブですが、Inotinobaton

「いのちのバトン」 志村希世恵

2月25日(金)19:30~ ArtLOFT

親子関係にトラブルをきたしている人、障害のある子どもを育てる母親、自閉症児、そして末期ガンを患う人……。大きな苦しみを抱えて孤独に陥った人のかたわらで、そっと耳を傾け、人や自然とのつながりを心に取り戻したり、悩みに支配された心の中の整理整頓を手伝うバースセラピストの、奇跡のエッセイ集。

今までなかなか忙しくて出席できなかったという方も、気軽にご参加くださいね。

参加希望の方は、2/23(水)までにメールでお知らせください。

それではお待ちしております!

2010年10月 1日 (金)

ブッククラブのお知らせ25

すっかり肌寒くなりました。

永遠に続くのではと思っていた猛暑が、こんなにもあっさりと終結するとは思いませんでした。みなさん風邪には気をつけましょう。

さて、次回のブッククラブですが、Humajimekaigo

ふまじめ介護―涙と笑いの修羅場講談」 田辺 鶴瑛

10月22日(金)19:30~ ArtLOFT

著書を選んだのは、たまたま見たニュース番組で放映された、著者とその義父の介護の様子に、衝撃を受けたのがきっかけでした。介護という重く暗い概念を打ち崩すくらい大笑いしてしまう程、「おもしろい」のです、二人の掛け合いや様子が。しかし、その明るい様子も、そこに至る苦労の道程があったに違いありませんし、現在も続く切実な問題なのです。誰も他人事とは言えない、この社会的な問題に前向きに挑んだ女性講談師の本著に触れ、介護に携わる方もそうでない方も意見を交わす機会になればと思います。

今までなかなか忙しくて出席できなかったという方も、気軽にご参加くださいね。

参加希望の方は、10/20(水)までにメールでお知らせください。

それではお待ちしております!

2010年8月12日 (木)

ブッククラブのお知らせ24

暑い日がいつまでも続きます。

みなさんも体調に気をつけて、残暑を乗り切りましょう。

さて、今月のブッククラブですが、いろいろとイベントがあったり、サイト管理者が風邪をひいてしまったりとご連絡が遅くなってしまったので、来月の開催へと持ち越します。大変申し訳ございません。

9月24日(金)19:30~ ArtLOFTJinsei

人生をどう生きますか?-WHAT ARE YOU DOING WITH YOUR LIFE?-

クリシュナムルティ,ジッドゥ(Krishnamurti,Jiddu)

世界中をめぐり、講和と著作をとおして人間の覚醒を促し続けたインドの有名な著者の作品の中でも、読みやすい本書。真の自由と、強いられたものでない自然な内面の秩序、豊かな感情、明晰な知性と行動力が蘇ると説き続けた哲人の、人生全般にわたる親身なアドバイスに触れることができる。

また、みなさんのおススメを一冊出して、無作為に選んでいくという方法で選びます!読んでいなくても大丈夫ですから、一冊選んできてくださいね!なかなか忙しくて出席できなかったという方も、気軽にご参加ください。

参加希望の方は、9/22(水)までにメールでお知らせください。

それではお待ちしております!

2010年6月30日 (水)

ブッククラブのお知らせ23

あじさいがきれいに咲いています。

ただ、昼も夜も蒸し暑くて、寝苦しいですが、みなさん体調崩さないようご自愛ください。

さて、次回のブッククラブですがWaratte

笑って生きればすべてうまくいく 」 齋藤 茂太

7月23日(金)19:30~ ArtLOFT

著者は、精神医療に取り組むかたわら、著述活動も精力的にこなし、ユーモアと人間味あふれるエッセイにはファンも多く、名エッセイストとしても活躍した齋藤 茂太氏。歌人・齋藤茂吉の長男で、2006年11月没。

また、みなさんのおススメを一冊出して、無作為に選んでいくという方法で選びます!読んでいなくても大丈夫ですから、一冊選んできてくださいね!なかなか忙しくて出席できなかったという方も、気軽にご参加ください。

参加希望の方は、7/21(水)までにメールでお知らせください。

それではお待ちしております!

2010年6月 9日 (水)

ブッククラブのお知らせ22

そろそろしめっぽい大気の予感を感じさせる季節です。みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

先日、スクールの展覧会を無事開催することができました。お手伝いいただいた方々、本当にありがとうございました。少し、ブッククラブのお知らせが遅くなってしまい申し訳ありませんでした。

さて、次回のブッククラブですがDonnkan

「鈍感力」 渡辺 淳一

6月25日(金)19:30~ ArtLOFT

本書は、発売当時に大注目され、流行語にもなった有名な本です。自らの医師時代の体験をはじめ、数々の出会いや苦い経験から導き出した“渡辺流賢く生きるヒント集”。

また、みなさんのおススメを一冊出して、無作為に選んでいくという方法で選びます!読んでいなくても大丈夫ですから、一冊選んできてくださいね!なかなか忙しくて出席できなかったという方も、気軽にご参加ください。

参加希望の方は、6/23(水)までにメールでお知らせください。

それではお待ちしております!

2010年5月 2日 (日)

ブッククラブのお知らせ21

ようやく暖かい日が続くようになりました。

せっかくのゴールデンウィークですから、晴れた日に本を片手に出かけるのもなかなか気持ちよさそうです。

さて、次回のブッククラブですが

5月28日(金)19:30~ ArtLOFTNejire 

「ねじれ -医療の光と影を越えて」

志治 美世子

実は誰の身に起きてもおかしくはない、医療の問題。私達は現状や本質に鈍感すぎるのではないでしょうか?今、医療の現場では何かが起きています。「そのとき」私達は、どうすればよいのでしょうか? 闘うことで事態を変えようとした人々を丹念に描いた第5回「開高健ノンフィクション賞」受賞作。

また、みなさんのおススメを一冊出して、無作為に選んでいくという方法で選びます!読んでいなくても大丈夫ですから、一冊選んできてくださいね!なかなか忙しくて出席できなかったという方も、気軽にご参加ください。

参加希望の方は、5/26(水)までにメールでお知らせください。

それではお待ちしております!

2010年3月31日 (水)

ブッククラブのお知らせ20

桜も咲き始めたというのに、あまり暖かくなりません。なかなかコートが片付けられず、春の装いが待ちどおしい気分です。

さて、次回のブッククラブですが、Guzen

4月23日(金)19:30~ ArtLOFT

偶然のチカラ」 植島 啓司

東大卒の宗教人類学者が、「偶然のチカラ」を見方につけて、ストレス対処の新しい視点を解きます。自分の力でできることは限られています。だからなるべく選択しないで「いい加減」に生きるほうがいいと著者は提唱しています。 「いい加減」と聞くと無責任に思えますが、言い換えれば与えられた条件の中で精いっぱい生きるということ。それは「偶然のチカラ」を信じることでもあるのです。

また、みなさんのおススメを一冊出して、無作為に選んでいくという方法で選びます!読んでいなくても大丈夫ですから、一冊選んできてくださいね!なかなか忙しくて出席できなかったという方も、気軽にご参加ください。

参加希望の方は、4/21(水)までにメールでお知らせください。

それではお待ちしております!

2010年2月27日 (土)

ブッククラブのお知らせ19

ブッククラブのお知らせです。

巷はバンクーバー冬季オリンピックで沸いていますね。各国の選手達が、大舞台で繰り広げる競技を見るにつけ、この日のための努力や苦労、テレビから伝わる緊張感など、様々なものを想像してしまい、うっかり涙してしまう今日この頃です。

さて次のブッククラブですが、Nihonjinhe

3月26日(金)19:30~ ArtLOFT

「日本人への遺言」 松原 泰道

101歳の僧侶、松原泰道が、長い人生の中で見つめてきた、人の心の在りようや社会情勢。それらすべての経験から得た生きるための智慧を、老若男女すべての日本人への「遺言」という形で100の言葉にまとめ、物事のとらえ方、考え方について語っています。昨年7月に遷化されました。

また、みなさんのおススメを一冊出して、無作為に選んでいくという方法で選びます!読んでいなくても大丈夫ですから、一冊選んできてくださいね!なかなか忙しくて出席できなかったという方も、気軽にご参加ください。

参加希望の方は、3/24(水)までにメールでお知らせください。

それではお待ちしております!

その他のカテゴリー